田辺温熱保養所の歴史

時は文化元年(1804年)

江戸にて杉田玄白、前野良沢に蘭方医学を学び、美濃西洋医学の先駆者となる

大垣藩医の江馬蘭斎が考案した

“蒸気風呂”

 

これを基に、先代が築いた

“田辺温熱保養所 −薬草樽蒸し−”

1946年創業

七十余年以上に渡り

家伝として継承されてきました

 

日本百名山の一つに数えられ「薬草の宝庫」と言われる伊吹山麓で採取された薬草と

無農薬自家栽培にて育てた貴重な薬草

十数種類を調合し、煮立て

蒸気を生成します

樽は「世界三大美樹」と呼ばれる高野槙を使用

  

昨今では、東京都池袋にあるサウナ&ホテル施設

〈かるまる〉の“蒸サウナ”開設の際

当店の薬草樽蒸しをご参考いただきました